“How are you?”への返しまとめ

英会話の挨拶でよく使われる「How are you?」。オンライン英会話をやっていても講師からHow are youと聞かれない日はほぼありません。そんな挨拶への返し方をいくつか挙げてみました。
この「How are you?」は「Hi」や「Hello」と同じような、単なる挨拶の意味で使われることも多いので、「Hey!○○」や「Hey! How are you?」と返してもOK。律儀に毎回、こちらの体調や状況を伝える必要はない。

How are youへの返し – 調子良い編

  • Fantastic
  • Wonderful
  • Excellent
  • Awesome
  • Great
  • Good
  • Well
  • Fine
  • Okay
  • Not too bad

上記は調子が良い順。文頭に「I’m」はつけてもつけなくてもOK。慣れないうちは「good」「pretty good」「fine」などをチョイスしておくと無難。「Fantastic」や「Wonderful」と言うと必ず何かあったの?と聞かれる。

例文 A”How are you?” B”yeah I’m pretty good. and you?”
A「調子はどう?」B「うん、なかなかだよ。そっちは?」

例文 A”How are you?” B”Hey Tom, How are you?”
A「やあ」B「やあトム、調子どうだい?」→これについては本記事下部の動画を参照。

How are youへの返し – 調子悪い編

  • I don’t feel well
  • I’m not feeling well
  • Not so good
  • I have a fever
  • Could be better
  • Bad
  • Terrible

調子が優れない時には「I don’t feel well」「Not so good」など。熱があるときは「I have a fever」頭が痛いときは「I have a headache」など。「Could be better」は「(今は)あんまりよくない」という程の意。

例文 A”How are you?” B”hmm,,Not so good.I wanna sleep early tonight.”
A「調子どう?」B「んーあんまりかな。今晩は早く寝たいよ。」

How are you?に返した後の続き

  • How are you?
  • How about you?
  • What about you?

How are you?と聞かれてこっちの状況を伝えたら、次はあちらの様子も尋ねてみる。続けてこちらも「How are you?」と聞き返すのは全然OK。シンプルに「How about you?」「What about you?」などもOK。これらは「あなたはどう?」という意味。
下記の動画によると「And you?」よりも、「How are you?」「How about you?」と返す方がナチュラルとのこと。

英語ネイティブは実際にどう返答するのか?

How are you?という問いかけに対して、実際にアメリカ人はどう答えるのか?という実験をしてみたという動画がある。これはおもしろい。

これによると12人中9人がHow are you?という挨拶に対して、「Hey ○○!」「Hey, How are you?」と返したとのこと。12人中3人は「I’m good」などの返答。実験の母数は少ないが、「How are you?」が実際には「こんにちわ」程度の使い方をされているということがよーくわかる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ