英語で何と言えばいいかわからないときのフレーズ集

英語で何と言えばわからない時、そもそも「何と言えばいいか分からないよ」と伝えたいケースはよくある。ので、この項は超頻出。表現に困った時にサクっと出るようにしておきたい。「どう言えばいいのかな、、」「どういえばいいか分からないよ」などのフレーズ集。

うーんと、、

  • Let me see,,
  • Let’s see,,
  • Well,,

Let me see、Let’s see、Wellなどは、何か思い出そうとしたり, 答えが出ない時などに用いる。
「えーっと、、」「うーんと、、」などの意味合いをもつ。
答えに時間が要る場合に、間を持たせるクッションとして使える言葉。

どう言えばいいのかな。。

  • How should I say,,,
  • How do I say,,,
  • How can I say,,,

How should I say,,などは「どう言うんだろう、、」「どのように言えばいいのかなあ、、」という意味。どれでも同じような意味になるので、上記3つを特に使い分ける必要はない。どれでも通じる。

例文 hmm,, How do I say,,,
うーん、何と言えばいいんだろう、、、

~はどう言えばいい?

  • How do you say ~

例文 How do you say that in English?
あれ英語でどう言うの?

どう言えばいいか分からないよ

  • I don’t know how to say.
  • I don’t know how to say it in English.

全くもって何と言えばいいかわからない時に使える表現。
考える余地もなく、どう言えばいいか分からないときにはこう言おう。

例文 I don’t know how to say the word in English.
その言葉を英語でどう言うか分からないよ。

合ってる?

  • Is it correct?
  • Is it right?

チューターと英語でしゃべってみて、いまの合ってる?という時などに使える。発音や文法の組み立てなど、確認する時などに使おう。もちろんIs thisでもIs thatでも使える。

例文 ”right, light” Is this correct?
「正しい、光」これで合ってる?
(rightとlightの発音を、チューターに確認しているというシチュエーション)

サブコンテンツ

このページの先頭へ