英語が聞き取れなかった時の返し – 英会話フレーズ集

相手の言ったことが聞き取れなかった時の、英語での聞き返しフレーズ集。これも日常茶飯事の超頻出フレーズ。

聞き返したい時の英語表現

  • Hah?
  • What?
  • What’s that?
  • sorry?
  • Excuse me?

「Hah?」は日本語で言うとこの「え?」「ん?」みたいな感じ。「What?」や「What’s that?」はそのまま「なに?」という意味。
「Sorry?」「Pardon?」「Excuse me?」この辺りの方が丁寧な表現。上記全ての表現はネイティブの人が聞こえなかった時とかによく使う。当然、人によってよく使う表現が異なる。
学校で習う「I beg your pardon?」はとても丁寧な言い方なので、あまり使う場面がない。これは「何とおっしゃいましたか?」程の表現。

What did you say?

例文 Hah?…What did you say?
ん?なんて言った?

もう1回言ってほしい時の英語表現

  • Come again?
  • Can you say that again?
  • Can you repeat that?

「come again?」は聞き取れなかった時に使う表現。「何だって?」「何?」という感じのカジュアルな表現。「Can you say that again?」「Can you repeat that?」は「もう一度言ってくれない?」という意味。CanをCouldにすることで、より丁寧な表現になる。

例文 Sorry? Can you say that again?
何?もう一度言ってくれない?

ゆっくりしゃべってほしい時の英語表現

  • Can you speak more slowly?
  • Please speak more slowly

「Can you speak more slowly?(もっとゆっくりしゃべってくれない?)」こちらもCanをCouldにすればより丁寧な表現になる。「Please speak more slowly(もう少しゆっくりしゃべって下さい)」

例文 Sorry,Could you speak a little more slowly?
すみません、もう少しだけゆっくりしゃべって頂けますか?

そもそも音声が聞こえない時の英語表現

  • I can’t hear you
  • Can you speak a little bit louder, please?

スカイプ英会話をしていると相手の音声が聞こえない時、聞き取りづらい時がたまにある。(だいたいが相手側のインターネット回線の問題か、パソコンの音声設定の問題。)
相手の音声が全く聞こえない場合は「I can’t hear you.(聞こえません)」でOK。こちらの声も相手に聞こえてない場合は、これをそのままSkypeのチャットボックスに打ち込む。

相手の声が小さい場合は「Can you speak a little bit louder?(もう少しだけ大きな声でしゃべってくれない?)」CanをCouldにすれば、より丁寧。さらにPleaseを付けたせばもっと丁寧。

せっかくマイクを装着しているのに、設定ミスでパソコンの音声インプット設定がマイクではなくパソコンの内蔵入力になっちゃってる講師もいる。音声入力がマイクでないと、十分聞き取れなかったりノイズが入ったりするので確認してもらった方が良い。

例文 I can’t hear you enough.Can you check your sound input setting?
うまく聞こえないよ。サウンド入力設定を確認してくれない?

サブコンテンツ

このページの先頭へ